BeagleBone Blackでネットワーク設定

AngstromLinuxでのネットワーク設定は他のディストリビューションと違って少し特殊です。
connmanを用いて設定します。

connman関連の実行ファイルは/usr/lib/connman/test以下にまとめられています。

■前準備
/var/lib/connman以下ディレクトリを閲覧し、ethernet_○○_cableのディレクトリ名をメモする。

■staticIPにする
以下コマンドを実行します。

ethernet_○○_cableは前準備で調べたディレクトリ名、manualはstaticIPにする指示、IPアドレス部分は先頭からIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイです。

■DNSの設定
以下コマンドを実行します。

ethernet_○○_cableは前準備で調べたディレクトリ名、IPアドレス部分は先頭から優先DNSサーバ、代替DNSサーバとです。

ひとまず設定についてはここまでです。
他のネットワーク設定等もこのconnmanのコマンドを実行することで行えます。

■参考サイト
Set Static IP Address on the Beaglebone Black

LEAVE A REPLY

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.