NSImageオブジェクトをOpenGLのテクスチャに指定する

NSImage+OpenGLによる描画のメモ書きです。

OpenGLに必要なNSImageの画像データは、以下のようにして取得します。

必要な情報がそろったら、以下のようにしてOpenGL用のテクスチャを作成・指定します。

詳細の説明については割愛させていただきます。
肝となる部分はgluBuild2DMipmaps関数の呼び出しです。
ここでMSImageオブジェクトから取得した画像データの情報を指定しています。

テクスチャの指定自体はすんなりと出来ます。
上記はクラス化して使った方が良いでしょう。