[Unity] キーコンフィグの実装

ゲームでキーコンフィグを実装する方法の紹介です。
これが実現できれば、ユーザの設定により自由なキー割り当てを設定できるようになります。

今回は簡易的に実装してみます。

KeyConfig.cs

動的なキー割り当てはDictionaryにより実現できます。
そして、各種キー状態取得メソッドを実装しておけば簡単に利用できます。

実際の使い方の例です。

KeyConfigTest.cs

使い方はInput.GetKey~メソッドと一緒です。
上記の例はDictionaryのキーをstring型としていますが、ここは整数型でも列挙子型でも構いません。

非常に簡単に実現できますが、キーボード・マウス入力しか受け付けないというデメリットもあります。
ゲームパッドのボタンやスティックの入力を受け付けることは出来ません。

ゲームパッドの入力状態を取得するにはUnityのInputManagerにて設定を行い、Input.GetButton~、Input.GetAxis~メソッドを用いることにより行います。
ただし、これらのキー割り当ては実行時には変更できず、参照することも出来ません。

これらのキーコンフィグを実装する方法は次回にご紹介したいと思います。

LEAVE A REPLY

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.