[WordPress] SSL経由の投稿でパーマリンクをhttp://~にする

WordPressを外部のネットワークからログインして利用するとき、HTTP経由では暗号化されていないため、機密の情報が第三者に漏れてしまう可能性があります。
そこで、HTTPS(SSL)経由でログインして利用するのが安全でしょう。

wp-https

しかし、外部に公開するURLをhttp://~にしたい場合は若干面倒な事がおきます。
Twitterにブログ記事更新の通知をリンク付きで自動投稿する際、パーマリンクのURLを載せることが大半かと思います。
このパーマリンクはPHPのthe_permalink()関数の戻り値から取得できます。

しかし、HTTPS経由でWordPressにログインしている場合、パーマリンクのURLがhttps://~になってしまいます。
元々https://~でブログを公開している場合は問題ありませんが、https://~で公開している場合はリンク切れとなる可能性があり、望ましくありません。

これを解決する手っ取り早い方法はパーマリンクのURLの文字列を直に置換することです。
以下のようにしてhttps://をhttp://に置換します。

これでHTTPS経由でログインしているときもパーマリンクのURLがhttp://~となるはずです。

■参考サイト
WordPressのpermalinkのURLをhttps://からhttp://へ書き換える | 元営業マンのWEB研究メモ