[Unity] Random.Range()を使う場合の注意点

By | 2015-01-15

UnityのRandom.Range()メソッドの使い方のメモ書きです。

Random.Range(min, max)は指定された範囲の乱数を返却するメソッドです。
min、maxにはそれぞれ乱数の取り得る最小値、最大値を指定します。

Random.Range()メソッドは以下2つにオーバーロードされています。

そして、戻り値の取り得る範囲はそれぞれ以下のようになっています。

public static float Range(float min, float max);
 →範囲はmin≦戻り値≦max

public static int Range(int min, int max);
 →範囲はmin≦戻り値<max

2つ目のint型のほうは最大値maxを含まないことに注意です。
すなわち、0~10のいずれかの整数を取得したい場合はRandom.Range(0, 11)としなければなりません。
公式ドキュメントにも記載されていますが、オーバーロードによって最大値を含んだり含まなかったりする点に注意が必要です。

■参考サイト
Unity – Scripting API: Random.Range

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。